読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の昭和を超えてゆけ

2008年生まれの娘に母が昭和の時代に読んだものを押し付ける

虫が嫌いな母と虫が嫌いで恋の話が好きな娘

母親が虫が苦手だと子供も虫が苦手になるっていうじゃないですか。
まあそうなる可能性は高そうですよね、異論はありません。
なので私も、積極的に虫と戯れはしないまでも(そもそもインドア派なんで外に連れ出すだけでも結構な努力なわけですよ)ミミクリーズでなかなか強烈な虫がアップでどーんと出てきてもギャーとか言わずに「秘儀!10分の1目(©我が友みんみん@『Cube』要するに薄目)」で対処するとかマンションの廊下にヤモリがいたら微妙に距離を取りつつも「ヤモリだよー見てごらん(棒)」とか多少の努力はしてきたわけじゃないですか。
でもまあそんな程度じゃあ焼け石に水、わが子も今では立派な虫嫌いです。

で、その話は置いといてですね。
我が家の小3女子、『12歳。』という小説だかマンガだかが読みたいと申すのです。

12歳。〜ちっちゃなムネのトキメキ〜 DVD BOX 1<初回仕様版>

コレ?
お友達から仕入れてきた情報のようですね。
調べてみると「JSのバイブル」と言われている作品とのこと。
ちゃおのマンガでアニメ化されたのね、ちゃおか……
「第1話で、主人公カップルが付き合い始める前にすでにキスシーン」。
……お母さんの趣味じゃないわ〜〜〜〜〜〜!

「へーこういうの好きなんだ」(ドン引き)
「わたしね、恋の話が好きなんだよ!」
マジか。
「へ〜〜〜お母さんは殺人事件とかが好きだわ……」(娘ドン引き)

以上のエピソードから何が言いたいのかと申しますと、
母が興味なくても勝手に恋の話が好きになるんじゃん!
だったら虫も勝手に好きになれるんじゃないの??
なによー人のせいにばっかりしないでほしいわーという主張をしたいというわけです。

恋の話ね〜
お母さんの蔵書にはなさそうだわ〜
キャンディ・キャンディ』ぐらいなもんだわ。『冷蔵庫にパイナップル・パイ』は多少恋心的な要素があるか?

冷蔵庫にパイナップル・パイ 1 (YOUNG YOU漫画文庫)

冷蔵庫にパイナップル・パイ 1 (YOUNG YOU漫画文庫)

 

あ、『高慢と偏見とゾンビ』見ない? お金持ちが恋愛して(ゾンビと戦いながら)結婚する話よ〜(たぶん)

「絶対観ない」。
ですよね〜。

*1" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/514TmbZpW2L._SL160_.jpg" alt="高慢と偏見とゾンビ *2" />

高慢と偏見とゾンビ *3

 

 

*1:二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション

*2:二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション

*3:二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション